日野町魅力化プロジェクトについて

黒田秀雄先生(当時東京富士大教授、現JRI特任研究員)が、鳥取県日野町での地域おこし協力隊から相談を受け、高齢化と過疎で悩む日野町をフィールドに、大学生がまち歩きや体験等を通じて、まちの課題や魅力を探るプロジェクトとしてスタートいたしました。

行政・地域(窓口:企画政策課、地域おこし協力隊、協力:町議会、地域住民(ホストファミリー等))と、都市と地方の学生(東京富士大・鳥取大・島根大)がコラボし、日野町でのまち歩きや体験を通じて、地域課題やまちの魅力を探り、学生から事業化アイデアを提案し、行政による施策化を目指しています。

活動成果は、日野町や議会、地域住民からの評価も高く、地元紙のほか、鳥取県のホームページ等でも紹介されています。

詳細は、下記のスライドをご覧ください:

また、PDFでご覧いただく場合は、下記のリンクでPDFが開きます:

日野町魅力化プロジェクト0914.PDF