理事長メッセージ

当研究センターは設立以来40有余年シンクタンクとして数多くの実績を積み上げてまいりました。その時代時代における社会的要請に応え、より健全な経済社会の進展に寄与するとともに、最適な生活環境を実現するための提言活動を通じて設立目的の達成に努力いたしております。

近年、消費者の食に対する安心・安全そして安定供給を期待する声が強い高まりを見せております。この社会的要請に応えるべく次世代型農業としての「植物工場」の開発・普及が注目を集めており、2009年には経済産業省と農林水産省とが合同委員会を設置し、自治体や企業と共同して「植物工場」の産業化育成への本格的な取り組みが始まりました。

そこで、当研究センターでは、2009年より「植物工場・農商工専門委員会」(高辻正基委員長)を開設し研究調査を基に知の集積を図る一方、会員制度の運営やセミナー・シンポジュームなどの企画運営を通して広く情報発信を行い、「植物工場」の早期実用化に向けた普及・啓蒙活動を実施いたしております。

また、2016年度よりは、間近に迫る「超高齢化社会」の到来に高齢者の社会的不安が増すなか、社会保障制度の運用見直しなどが社会的関心を集めている昨今の状況に鑑み、とくに「高齢者の医療・看護・福祉問題の解決」に資するための新規プロジェクトの開発に取り組んでまいります。

以上のような諸問題に直接的・間接的にご関心をお持ちのみなさまのご賛同を賜りますようお願い申し上げます。

 

理事長 藤村倢久